ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜一生に一度の成人式。服装のマナーとは?男性編〜

2018年12月17日

前回は成人式での女性の服装についてのマナーを紹介しました。今回は男性編です。大人になったことを認めてもらい、自分自身も大人としての自覚を持つ日となります。成人として恥ずかしくないような格好で成人式を迎えたいものです。しっかりマナーを知っておきましょう。

 

【成人式の服装】

一般的にはスーツか袴かの服装になります。袴はこんな時しか着られないこと、また、女性の振り袖の時と同様、親御さんが袴姿を見たいという理由から袴を着る人もいます。しかし、男性の場合、これから社会人となれば必ず必要になってくるスーツをこの機会に揃えて、成人式に着て来る人が多いようです。

 

【スーツのマナー】

成人式では、この服装でなければならないという決まりはありません。ですから、スーツの色や形などにも決まりはありませんが、望ましいというものを紹介したいと思います。

スーツの色は、紺やネイビー、グレーなどの落ち着いた色が望ましいです。基本色になるので、これからの社会人生活や友人の結婚式など様々なシーンで活用することができると思います。

また、服装に決まりはないと言いましたが、黄色や赤など派手な色のスーツも避けた方がいいですね。

少し遊び心を入れたい人はネクタイに少し色を入れて自分らしさを出すぐらいがいいと思います。

さらに、スーツを購入する時に大事にしたいのが、サイズです。自分の体型に合った、ジャストサイズのスーツを選びましょう。かっこいいスーツを着ていてもサイズ感を間違えると台無しになってしまいます。最近は細身のシルエットのものが人気です。

 

【袴のマナー】

どんなものを着て行かなければならないという決まりはもちろん袴にもありません。しかし、テレビなどで見ている時にあまりに派手でキラキラしたような袴を着ている人がいると、品のない印象が出てしまい気になってしまう人もいるのではないでしょうか。
袴を選ぶ際も落ち着いた色の物を選ぶのが望ましいと思います。また、シンプルな色の袴を選んでも、髪の色が明るいと大人な印象ではなくなってしまいます。黒髪が好ましいでしょう。

袴を持っているという人はおそらく少ないと思います。
成人式に着て行きたいという人は、レンタルがありますので早めに予約しましょう。

 

【まとめ】

大人として社会の仲間入りするというのが、成人式です。そのことを頭に入れて、あまりカジュアル過ぎず、きちんとした格好を選べば問題ありません。自分らしさも取り入れて、成人式を楽しんでください。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/