結婚内祝いの疑問を解決!〜人気のギフト編〜

2018年7月9日

結婚式の内祝いは、結婚式もしくは入籍から1ヶ月以内に贈るのがマナー。でも何を贈ろうか迷うものです。結婚式が終わったら新婚旅行に行く人もいるでしょうし、毎日仕事で忙しくなる人もいてなかなか大変。そんな方のために、人気のギフトをご紹介します!

 

【選べるカタログギフト】

何を贈っていいかわからない時に助かるのが、カタログギフトです。もらう側からも「もらって嬉しい!」と思ってもらえるナンバー1でもあります。

金額も2千円台〜5万円台くらいまでを揃えているお店が多く、中には10万円台のものを取り扱っているお店もあるので、金額の選択には困りません。

また2千5百円、3千5百円といったように、5百円刻みの金額設定をしているものもあるので、連名でいただいたお祝いなどにも対応できるでしょう。

一つ残念なところがあるとすれば、相手が何を選択したかがわからないので、「あの時のあの品物」といった喜びの共有ができないことかもしれませんね。

 

【スイーツやジャムなどの食品】

有名なお店のスイーツや、ジャムやドレッシングなど日持ちのする食品の詰め合わせも喜んでもらえます。食べてみたいけれど自分で買うのはちょっと高級だと感じるようなものをチョイスすることがポイントです。

もちろん、できるだけ知っている情報から、相手の好みのものを選ぶのが良いです。しかし万が一好みに合わなくても、スイーツなどであれば来客時のおもてなしに使ってもらうこともでき、無駄になりません。

好みがわかっていれば、珈琲や紅茶などもよいでしょう。

高級和牛なども喜ばれますが、日持ちがしないため、配送のタイミングには注意が必要です。

食べ物は無くなってしまいますが、「あの時いただいたお菓子は美味しかった」という思い出として残るでしょう。

 

【高級ブランドのタオル類】

タオルは生活必需品であり、消耗品でもあります。またストックしておくにも、ギフトボックスから出してしまえば、さほど嵩張りません。

ものすごく触り心地の良い高級タオル、見た目に華やかな有名ブランドのタオルなど、こちらもやはり自分ではなかなか買えないちょっと高級なものを選びましょう。きっと喜んでもらえると思いますよ。

 

【高級ブランドの食器】

高級ブランド食器も定番です。食器も生活必需品ですし、高級なものはなかなか自分で購入できないので、喜んでもらえます。

ただ、好みが分かれるものでもありますので、できるだけシンプルなものを選んだ方が良いでしょう。

贈った食器が、思い出とともに長く使われたら嬉しいですね。

 

【最後に】

いかがでしたか?

一番大切なのは、相手のことを思いながら、喜んでもらえるものを選ぶこと。今回ご紹介した商品も参考にして、選んでみてくださいね。