ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜結婚式の服装編(女性)〜

2018年1月29日

 

大切な友人知人の晴れ舞台である結婚式。せっかくお招きいただいたのだから、できるだけドレスアップして出かけたいですよね。でもフォーマルな場である結婚式ですから、気になるのがマナーです。今回は女性の服装でNGとされているものをご紹介します。

 

【結婚式にNGの服装①白い服】

白いドレスは花嫁の色。結婚式に白いドレスを着るのは避けましょう。薄いベージュやシルバー、グレー、ピンク、ブルーなどのドレスも、人によっては白いドレスを着ていると感じてしまう場合があるので(写真に写ると白に見える可能性もあります)、心配であれば避けるのが無難です。すでに白っぽいドレスを購入してしまった!という方は、濃い色の羽織物や靴、小物類を合わせるようにしたらOKです。

 

【結婚式にNGの服装②アニマル柄や皮、ファー製品】

殺生をイメージするという意味で、アニマル柄や皮、ファー製品はマナー違反。ファーボレロなども流行っていますし、冬場は防寒にもなって使用したくなりますが控えるのが無難です。

 

【結婚式にNGの服装③過度に露出度の高い服】

ミニ丈のドレスや肩が大きく出ているドレスはたくさんありますが、厳密にいうとマナー違反。肩が出ているドレスは、ボレロやストールなどを羽織りましょう。披露宴が夜に行われる場合は、肩を出していてもマナー違反にはなりません。

 

【結婚式にNGの服装④全身黒の服】

シックなブラックコーディネイトは素敵ですが、全身真っ黒というのは結婚式にはふさわしくありません。黒のドレスであれば、アクセサリーや靴、羽織物などで明るいものを使うようにしましょう。

 

【結婚式にNGの服装⑤つま先や踵の出る靴】

キラキラと結婚式にも映えそうなミュールやサンダルはたくさんありますが、つま先や踵が出ている靴はマナー違反。オープントゥのパンプスも避けた方が無難です。体調などの特別な理由がない限りは、ヒールのない靴も避けましょう。もちろん、ブーツなどもマナー違反。冬場の披露宴であっても避けましょう。

足元のマナーで追加しますと、ストッキングは基本的に肌の色に近いカラーが基本。黒色は喪服をイメージするので、特に避けましょう。

 

【結婚式にNGの服装⑥柄モノの服】

現在では、華やかなプリント柄のドレスを着ている方もよく見かけますが、準礼装以上では無地が基本です。同系色で入った柄やラインスーンなどであればOKであるとされています。

 

【最後に】

いかがでしたでしょうか?時代の流れに伴い、最近ではこうしたマナーについてあまり厳しく言われることは減ってきています。友人の結婚式などでは特に、様々なファッションで出席されている方が多いですね。

しかし正しいマナーを知った上で、招待していただいた挙式披露宴がどういった格式で行われるのかを理解し、服装を選びたいものです。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/