結婚式って?【1】

2017年12月1日

お祝いを贈る(ふくさを使う)身近なイベントというと結婚もその一つです。
結婚について簡単に調べてみました。

古代の日本人は、とても恋愛におおらかで開放的で、男女の関係は対等であった様です。
また「古事記」によると、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が
神聖な天の御柱をお互いに反対方向から回り出会ったところで「かわいい娘よ」「いとしい方よ」と
呼び合って結ばれたという場面が、結婚式の起源とされているようです。

平安時代には「源氏物語」に描かれているように、夫が妻の実家に会いに行く通い婚を経て、同居するのが一般的で。
結婚する際は三夜続けて通い三日目に「ところあらわし(露顕)」という宴を開き、これが現在の披露宴の原型だそうです。