袱紗(ふくさ)について 有限会社大一創芸は袱紗(ふくさ)の企画製造メーカー(販売元)です。

・袱紗(ふくさ)について

元来袱紗は、貴重品などを入れた箱の上に掛けられていた風呂敷です。
贈り物の品を運ぶのに、汚れや日焼けを防ぐために使われるようになりました。
一枚ものの布地から、裏地のついた絹製のものになりました。その後、四隅に房のついたものに変化し、慶事、弔事のお金や品物を贈る時の儀式に使う用品として黒塗りの盆(広蓋)と一緒に使われるようになりました。
現代では、熨斗袋(ご祝儀袋、香典などの不祝儀袋)を包むものとして使われています。

ふくさは、お金や品物をそのままお贈りするのではなく、お相手の心中を重んじ、共感する気持ちを表すことが出来ます。
日本人特有の思いを伝えるという文化だと思います。
人生の大切な時、大切な場面ではもちろんのこと、お見舞いやお月謝など、普段にさりげなく気持ちを表す方法として、「ふくさ」をお手元においてみてはいかがでしょうか。
社会人にとって、必需品なのではないでしょうか? 
 
ふくさの種類

  1、四隅に房のついた、広蓋(黒塗りの盆)に掛ける「掛けふくさ」

  2、主に慶事、弔事の祝儀、不祝儀袋を包む「手ふくさ(小風呂敷)」

  3、簡易の切手盆(祝儀盆)とセットになった「台付きふくさ」

  4、祝儀、不祝儀袋を入れる財布状の「はさみふくさ」

があります。
袱紗と帛紗の違いは、掛けふくさの場合は「袱紗」、手ふくさ、台付きふくさ、はさみふくさの場合は「帛紗」、と正しくは表記します。

ふくさの色や柄の使い分けですが、紫色は基本的に慶事、弔事両方に使えます。
灰色は、不祝儀袋の時のみになります。
明るい赤、ピンク、黄色などは祝儀袋のふくさとしてお使いください。
また、台付きふくさは、祝儀盆の裏表の色を慶事の場合は赤系の色に、弔事の場合はグレー系の色をと、上手に使い分けてください。
古くからの鶴、松、梅などの縁起物の刺繍が入ったふくさは、慶事に使い、蓮、菊、蘭などの刺繍が入ったふくさは、主に弔事に使われています。

・袱紗(ふくさ)のマナー

ご祝儀袋や不祝儀袋をむき出しのままバッグやポケットに入れて、会場に行かれていませんか。

結婚のお祝いや、葬儀の香典など、ふくさに包んで持参するのが、よりスマートです。
ふくさは、日本人の昔からの風習です。
これは、親から子へ受け継がれるものだと思っています。

当社の袱紗は、「はさみふくさ」といわれるもので、風呂敷のような手ふくさと違って袋の形が崩れず、はさむだけなので簡単で便利です。
と言いましても、略式なものでもありません。

そこで、慶事、弔事どちらにも使えて便利な紫、藍色のものや、可愛らしいピンク、バラ色などのもの、リボンや刺繍をあしらったデザインのものなどを扱っております。

是非、成人になりましたら一つふくさをお持ちになりませんか?
また、成人のお祝いなどのプレゼントにいかがでしょうか?

結婚式など受付でのお祝い袋の渡し方

  ①本日はおめでとうございます、と一礼

  ②ふくさを広げ、お祝い袋をふくさの上に正面が受付の方に向くように置く

  ③両手で差出し、受付の方がお祝い袋だけを受け取ります。 
    盆が置いてあれば、そこに入れてもかまいません。

  ④ふくさを、バッグにしまいます。

PAGE TOP